北茨城市 任意整理 弁護士 司法書士

北茨城市在住の人がお金・借金の悩み相談するならこちら!

借金返済の悩み

借金の問題、債務の悩み。
お金・借金の悩みは、自分だけでは解決するのが難しい、重大な問題です。
しかし、司法書士・弁護士などに相談しようにも、少し不安になったりするものです。
このサイトでは北茨城市で借金・債務のことを相談する場合に、お勧めの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
インターネットで相談することが可能なので、初めての相談という人も安心です。
また、北茨城市の地元の法律事務所や法務事務所も載せているので、そちらも参考にどうぞ。

北茨城市在住の方が借金や任意整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

北茨城市の債務や借金返済問題の相談なら、ここがオススメです。
弁護士が対応してくれて、全国対応の法律事務所。
初期費用が無料だから、手持ちがなくても安心です。
弁護士費用の支払は、分割払いの対応も可能。
相談料金はもちろん無料!
借金督促のストップも可能です。
個人再生、任意整理、過払い金、自己破産、など、債務や借金の悩みについて無料相談することができます。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(電話料0円)で相談受付が可能なので、お金に困っている方も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、債務や過払いの問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に合った方法で借金問題を解決します。
それと、過払い金の請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から精算できます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などは一切取らないので、安く解決できます。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の人でも安心です。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

北茨城市在住の方が債務整理・借金の相談をするなら、コレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットを使った借金解決のための診断ツールです。
とても簡単な3つの質問に答えるだけで、借金を減らすための方法や、月々の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にもピッタリです。
しかも無料で、匿名で利用できます☆
全国に対応のサービスなので、北茨城市の人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 無料・匿名で使える!
  • 全国に対応!
借金・債務の悩み、匿名で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断と相談を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



他の北茨城市近くにある法律事務所や法務事務所を紹介

北茨城市には他にも弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●あじま司法書士事務所
茨城県北茨城市磯原町磯原1丁目96
0293-24-9255

●菊池和郎司法書士事務所
茨城県北茨城市磯原町磯原1630-15
0293-42-1674

北茨城市にある地元の弁護士・司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ですが、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談などの方が、心理的に相談しやすいという方も多いのではないでしょうか。

借金返済の問題に北茨城市在住で悩んでいる方

クレジットカードのリボ払いやキャッシング業者などは、尋常ではなく高い金利がつきます。
15%〜20%もの利子を払わなければならないのです。
住宅ローンの利子は0.6%〜4%(年間)くらい、自動車のローンの利子も1.2%〜5%(年間)ぐらいですので、ものすごい差です。
さらに、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定している金融業者だと、金利がなんと0.29などの高い利子を取っていることもあります。
尋常ではなく高利な利子を払いながら、借金はどんどん増えていく。
借金をしたのは自分の責任なので仕方ないのですが、高利な金利で金額も多いという状態では、返済する目処が立ちません。
どう返済すればいいのか、もはやなんの当てもないのなら、法律事務所や法務事務所に相談するしかありません。
司法書士・弁護士なら、借金を返す解決策をきっと見つけ出してくれるでしょう。
長期の返済計画になるかもしれませんし、過払い金返還で返す金額が減るのかもしれません。
まずは相談、解決にはこれが第一歩です。

北茨城市/債務整理のデメリットはどんなものか|任意整理

債務整理にもいろんなやり方があって、任意で信販会社と話し合いする任意整理と、裁判所を介した法的整理である個人再生若しくは自己破産というジャンルが有ります。
それではこれらの手続につき債務整理デメリットがあるのでしょうか。
これら3つの手口に共通していえる債務整理の不利な点と言うのは、信用情報にそれ等の手続を行った事が載ってしまうという事ですね。いわばブラック・リストと呼ばれる状況に陥るのです。
すると、おおむね5年〜7年位の間、クレジットカードが創れなかったり借入れが出来なくなったりします。とはいえ、あなたは返済するのに日々悩み苦しんでこの手続を進めるわけですから、もうしばらくの間は借金しないほうがよいのではないでしょうか。
ローンカード依存に陥っている人は、むしろ借入が出来なくなることで出来ない状態になることで救済されると思います。
次に個人再生、自己破産の債務整理の欠点ですが、官報にこれらの手続きをやった事が掲載されてしまうという点が上げられるでしょう。けれども、貴方は官報など見た事があるでしょうか。逆に、「官報とはどんな物」という方のほうが多数じゃないでしょうか。
実は、官報は国がつくるする新聞の様なものですけれど、闇金業者等のごく僅かな人しか見ないのです。ですので、「自己破産の事実が友達に広まる」などといった事はまずもってありません。
最後に、破産特有の債務整理の不利な点ですが、一辺破産すると七年間、再び自己破産できません。これは十分留意して、2度と破産しなくてもいいようにしましょう。

北茨城市|自己破産のリスクってどんなもの?/任意整理

率直に言って世の中で言われている程自己破産のリスクは少ないのです。マイホーム、土地、高価な車など高価な物件は処分されますが、生きる上で要るものは処分されないです。
又二〇万円以下の預金は持っていても問題ないです。それと当面の間の数か月分の生活費が一〇〇万未満なら持って行かれる事はないのです。
官報に破産者のリストとして記載されますがこれもごく特定の方しか見ないのです。
また世に言うブラック・リストに記載されて7年間ぐらいの間はローンまたはキャッシングが使用出来ない現状になるのですが、これはいたし方ないことです。
あと決められた職につけないと言う事もあるのです。けれどこれもごく少数の限られた範囲の職種です。
したがいまして債務超過で返済することが出来ない借金を抱えこんでるのならば自己破産をするというのも1つの進め方でしょう。自己破産を実行したらこれまでの借金が全部チャラになり、新規に人生をスタート出来ると言う事で良い点の方がより大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として公認会計士や司法書士や税理士や弁護士などの資格はなくなります。私法上の資格制限とし保証人や後見人や遺言執行者にもなれないでしょう。また会社の取締役などにもなれないのです。しかしながらこれらのリスクはほぼ関係がない時が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きなものじゃない筈です。